近冷工のご紹介試験・講習会案内環境・保安関連リンクお問い合わせ
会員ページのご紹介
会員ページでは、会員の皆様に有益な最新情報をタイムリーに提供しています。■近冷工概要 年間行事予定および会員限定の各種保険を掲載 ■各委員会概要 設置した各種委員会の活動報告・発行資料などを掲載 ■関連法律案内 高圧ガス保安法など関連法規の概要、申請手続きなどを掲載 ■融資・助成金など 中小企業向け融資制度や助成金制度を掲載 ■建設関係資格一覧 建設関係で特に当業界に関連する各種資格の概要を掲載
ようこそ!マル得サービス お客様の困り事を解決して成約に結び付けるノウハウ。手際よく、安全、確実に作業するためのノウハウ。好感度アップにつながるサービスマナー。現場作業の心構えから事業運営まで集めた先輩体験談。などを事例を挙げて紹介します。会員ページ ご覧いただくには、IDとパスワードが必要です。一般の方 ようこそ!マル得サービスの一部は、一般の方にもご覧いただけます。
大阪市中央区北浜1-3-14 西川三井ビルディング9階 TEL06-6233-3201 FAX06-6233-3202 mail:info@kinreiko.com
環境・保安関連
環境・保安関連
環境関係

業務用冷凍空調機器からの“冷媒漏えい”問題は地球温暖化防止の観点から、国内外でも大きな問題として取り上げられております。そして、冷媒の適切な管理のために平成25年6月には、「フロン回収破壊法」の改正(改正フロン法)に至り、「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律(フロン排出抑制法)」が平成27年4月1日より施行されました。

[フロン排出抑制法の概要]

法の規制範囲は、ライフサイクル全体に拡大、包括的な対策が求められます
こちらから拡大図がご覧いただけます

果たすべき役割と責務
こちらから拡大図がご覧いただけます



[機器廃棄時に必要な「行程管理票」、「フロン回収シール」申し込みはこちら]

[フロン排出抑制法 説明会資料(平成26年度作成)]
平成26年度公益信託地球環境保全フロン対策基金事業作成

[業務用冷凍空調機器をお使いの皆様へ]
フロンの漏えい点検が義務化されました! パンフレットはこちら


[フロン排出抑制法で規定されている文書類の様式見本]
記録・保存のパターン
○日々点検 ショーケースの温度など A.日々点検チェックシート
○簡易点検 法定:3ケ月に1回以上 B.簡易点検記録簿
○定期点検 法定:1年又は3年に1回以上 C.記録点検・整備記録簿(ログブック)
○故障修理 突発故障時の専門点検 C.記録点検・整備記録簿(ログブック)

漏えい量の算定に
D.フロン類充填・回収証明書

様式(A.B.C.D)はコチラ

[フロン排出抑制法Q&A]
経済産業省
環境・保安関連
冷凍空調施設工事事業所認定制度
この制度は、冷凍能力3トン以上のフルオロカーボンを冷媒とする冷凍空調施設工事事業所に対し、高圧ガス保安法令に基づき、保安上適正な工事及び検査を実施することにより冷凍空調施設に係る自主保安体制を確立し、災害の防止を図るため高圧ガス保安協会が認定する制度である。
1.新規認定申請
2.更新継続認定申請
3.更新拡大認定申請
4.区分変更認定申請要領(PDF)
自主保安ガイドライン
高圧ガス保安法の大幅な規制緩和に伴い、自由度が増し、やり易くなった反面、冷凍空調設備における安全確保は自らの手で、自らの責任において構築しなければならなくなって来たことを深く認識する必要があります。
このような状況のもとで、平成12年に当時の大阪府生活文化部保安対策課様の監修を得て、「高圧ガス自主保安ガイドライン−冷凍空調設備編−」を作成し、自主保安について啓発活動を行っております。
 掲載内容
  高圧ガス保安法と自主保安基準
  1.高圧ガス関連法規改正の目的と流れ
2.高圧ガス保安法における規制緩和の概要(冷凍)
3.冷凍空調設備規模別による許可・届出等区分
4.法定冷凍能力の算定基準
5.圧力計及び安全装置等の点検調整
6.冷媒ガス種別許可申請・届出等の手続き
7.ブライン共通設備の許可・届出・届出不要の区分
8.冷凍空調装置の設置基準
9.危害予防規程・高圧ガス製造施設管理規定
10.保安教育計画
11.高圧ガス容器(ボンベ)の取扱い
12.フロン回収装置の取り扱い
  保守点検整備のすすめかた
  1.定期保守点検の目的と有効性
2.定期保守点検と判定基準
3.トラブル発生の要因分析と応急処置
4.自主保安に係る保守契約
5.アンモニア冷凍設備の保守管理
6.冷凍空調設備と環境対策